top of page

セルフメディケーションの達人:義母

92歳になる義母がいます 70代で、寝たきりの姑の老老介護、それが終ると、 80代は、認知症の夫(私の義父)の人工肛門を含む介護が続き、昨年終わりました 現在一人暮らし 決して家族に依存はしません しかし、何かあると早めに相談してくれるので、周囲も慌てずに準備して、最良と思える対処ができます 足腰に自信がなくなったときには、ショートステイを利用してリハビリをして帰ってきました 先日、下肢の浮腫に主治医から利尿剤が出ました あまり効果を感じなかったら義母は、「最近、歳のせいか、沢山食べられなくなりました。私、栄養が足りないからむくむのでは?」と主治医に言ったら、栄養補助剤を処方してくれたそうです。 「そしたら、体力も付いた感じだし、足の浮腫もかるくなったの!」と義母 素敵すぎます!お義母さん❤️




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20240713第二の実家 葛城

私には実の両親、義理の両親以外に、お父さん、お母さんと呼ぶ存在がある 学生の頃に出会い、その後、30年の時を経て再会してから、懇意にしてもらった奈良のお父さん、お母さん 奈良 當麻寺門前 おみやげ 和 お二人には、日本中に、ファンがいる 私は、小学生の頃、歴史が好きで、石舞台古墳の辺りで「将来、奈良に友達ができたらいいな」と思ったのを覚えている 中学生で初めて大神神社に参拝した 成人してから、節目

Comments


bottom of page