top of page

🌸大河ドラマと漢方医学〜②〜🌸2021年大河ドラマ『青天を衝け』

更新日:2021年6月28日

2年前に他界した父が生きていたら毎週楽しみにしていたと思います。

深谷出身でした。伯母が若い頃に渋沢家に奉公に行っていたという話しもよく聞かされました。



渋沢栄一の生きただ時代

明治時代に突入すると、多くの分野において、<西洋化とその葛藤>が出てきます。


医学の世界も例外ではありません。

(今回の大河ドラマでは、直接描かれないと思いますが、、、、)


明治時代になり、日本政府は「西洋医学教育のみ!」に舵を切りました。


漢方医達も黙っていたわけではありません。

「漢方医と西洋医を並列的に医師として認めて欲しい」という漢方医存続運動が起きました。

声は届かず、明治28年(1893年)、第八回帝国議会における「医師免許規則改正法案」によって漢方医学は撲滅されました。



しかし、その明治時代が終わる前に、舵をきったはずの西洋医学教育で育った医師の中から、漢方医学の大切さを叫ぶ者たちが出てきました。


その一人が和田啓十郎(1872-1916、45歳没)です。

著書に、『医界之鉄椎』(明治43年初版1910年)があります。


漢方医学は

古いからとか怪しいから廃れたのではありません!


西洋医学も東洋医学(漢方医学を含む)も日々進化していきます。


終わりのないマラソンに例えるならば、

日本伝統医学 漢方医学は、歴史の中で意図的な妨害を受けたことになります。


大河ドラマ『青天を衝け』、

同じ時代に『医界之鉄椎』のような、漢方医学界の歴史ドラマがあることも知っていただきたいなあ〜と思います🎵


閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

漢方医学の歴史〜Kampo Kissho メッセージより〜

Kampo  Kisshoでは、「漢方医学を日本伝統医学である」と、お伝えしています。 ​明治維新までは、日本の医学の中心は漢方医学でした。(一部蘭方医学) 漢方医学の歴史は、奈良時代に仏教伝来と同じように、当時の最先端の医学を中国から輸入し学んだことから始まります。 その後、日本の気候、日本人の体質に合わせて、独自の発展・発達をしました。特に鎖国をした江戸時代には際立ちます。 現代中国で実践され

Comments


bottom of page