top of page

梅雨の一日 マイセルフメディケーション 

梅雨のある一日、私の体調と対策を紹介します



今年は梅雨らしい梅雨ですね、、、、

曇り空、雨が降ったり止んだり、、、、





そんなある朝起きました、、、

気持ちいい起床ではありませんでした。




① けだるい(身体がなんとなく重い)


② 頭:頭痛はない、頭重感もない→でも、気持ちがすぐれない、ウツウツ、ネガティブシンキング、、、、


③ 前日、そんなに飲みすぎていないのに、胃もたれがする


④ 喉に変な痰が絡む


⑤ 便がいつもより粘り気があったり、ゆるかったりする


漢方医の私は、「おお!見事に<湿邪>の影響!」と判断

患者さんの気持ちがわかる!


西洋薬なら

① ② →付ける薬なし、、、安定剤?(頭痛があれば、鎮痛剤?)

③ 胃薬

④ 去痰剤

⑤ 整腸剤


漢方薬なら①から⑤

この季節なら全て梅雨による<湿邪>による影響と考えます


候補に上がる漢方薬はいくつかあります


私の自宅には、

<湿邪>対策の漢方薬は<利水剤A>をストックしてあるのみです。


この<利水剤A>は<湿邪>が原因の①〜⑤の症状には効力を発揮します。


『異病同治』:患者さんの訴える症状が別々でも、それが起きている原因が漢方医学的に同一のものと判明すると、治療は同一のものとなります。

つまり、一つの治療(漢方薬)で色々な症状に対処できるということになります。


私は自信を持って<利水剤A>を服用しました。

胃もたれ、体のだるさ、気持ちの落ち込みなど、軽快しました!


症例報告!

エビデンス一例!

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

漢方医学の歴史〜Kampo Kissho メッセージより〜

Kampo  Kisshoでは、「漢方医学を日本伝統医学である」と、お伝えしています。 ​明治維新までは、日本の医学の中心は漢方医学でした。(一部蘭方医学) 漢方医学の歴史は、奈良時代に仏教伝来と同じように、当時の最先端の医学を中国から輸入し学んだことから始まります。 その後、日本の気候、日本人の体質に合わせて、独自の発展・発達をしました。特に鎖国をした江戸時代には際立ちます。 現代中国で実践され

Comments


bottom of page