病院でも使っているサプリメント(健康食品)の紹介

※日本では、<サプリメント><健康食品>という用語に国で定めた定義はありません みなさまの中に、在宅療養や長期入院されているご家族のいる方はいらっしゃいませんか? <褥瘡>という言葉を聞いたことがあると思います <床ずれ>ともいいます 私は高齢者施設や訪問診療にも携わっているので、<褥瘡>の患者様に接する機会があります 足底に深い<褥瘡(床ずれ)>ができて、入院治療している方がいます 褥瘡や創を治すためには栄養状態が肝心です この患者様は胃瘻(腹壁から胃に管を入れている)から栄養を注入している方ですが、褥瘡治癒促進のために「アバンドTM®︎」の追加使用が始まりました


「アバンドTM®︎」は、1pack24g    熱量    79kcl    炭水化物  7.9g    アミノ酸  14.0g(グルタミン7g、アルギニン7g)    脂質     0g CaHMB※    1.5g               ※CaHMB:calcium β-hydroxy-β-methylbutyrate 普段の栄養剤でビタミンや微量元素はきちんと補充されています この商品は、以下の成分とその目的のために追加となりました グルタミン:  蛋白質やコラーゲンの合成促進に重要な役割を果たします  免疫賦活作用や消化管粘膜の構造を維持します アルギニン  高い蛋白質やコラーゲンの合成促進、免疫賦活作用を有しています HMB  蛋白質の合成だけではなく、分解も抑制する作用があります ※アルギニンは免疫賦活作用がある分、免疫反応も進みます HMBは過剰な炎症を抑制し、調整するはたらきがあります 「アバンドTM®︎」は<褥瘡>の他に消化器の<術後縫合不全>(切った腸と腸をつないて縫った部分にトラブルが起きた時)に使用されることがあります 通常の栄養にこれらの成分を追加すると<褥瘡>や<縫合不全>が治るまでの日数が短縮される可能性があると報告されているからです ※この商品は保険医療ではありません。使用するかどうかは主治医の判断と患者さまと家族の相談が必要です



#胃瘻

#HMB

#アルギニン

#褥瘡

#サプリメント

#床ずれ

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示