top of page

相手の性格を変えることはできません、、、

漢方外来は、時に診療内科のような相談があります

体調の不調が生じた時期に起きたこと

異動や転職、家庭に変化があったなど、、、、

私自身の体験を踏まえ、育った環境、家族との関係までさかのぼることもあります

ストレスは取り除く、近寄らないのが一番です

しかし、それができないのが現実

同僚、他人、たとえ家族でも、その性格や気質を変えることは困難です


では、どうするか?

相手に振り回されないように、自分自身の心身を健康に保つこと!

エネルギー不足(気虚)だと、ドンと腹を据えて対応することができません

ちょっとしたことに過敏になり、相手の言動に振り回されたり、こちらの心がざわついてしまいます

気を補い、気を巡らせ、健やかでいると健全な判断ができます

たとえ、職場に偏った性格の同僚がいても、イラッとするなど嫌な感情が一瞬湧いても、あなたのせいではない!

囚われない!スルー!割り切る!

だって、誰にきいても、あなたじゃない、相手が変なんだもん!


こちらは、補気(エネルギー充電)、巡気(気持ちを滞りなくコントロール!)を武器に、

楽しい毎日、楽しい人生を送りましょう!

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

漢方医学の歴史〜Kampo Kissho メッセージより〜

Kampo  Kisshoでは、「漢方医学を日本伝統医学である」と、お伝えしています。 ​明治維新までは、日本の医学の中心は漢方医学でした。(一部蘭方医学) 漢方医学の歴史は、奈良時代に仏教伝来と同じように、当時の最先端の医学を中国から輸入し学んだことから始まります。 その後、日本の気候、日本人の体質に合わせて、独自の発展・発達をしました。特に鎖国をした江戸時代には際立ちます。 現代中国で実践され

bottom of page