top of page

看護大学院生との交流(人工栄養について)

昨日は看護大学院でコメンテーターを務めました。

『病態学と看護』についてく、3グループの発表がありました。

その中で栄養と関連のあるテーマが2つ

クローン病の看護

胃癌末期の方の看護

どちらも人工的な栄養が補助的に使われることがあります。




もちろん、天然の食材から必要かつ充分な栄養を取り入れることが基本ですが、人工の栄養の恩恵もあります。

健康寿命にも、サプリメントや健康食品を正しく取り入れて行くと言う考え方もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Kampo吉祥では漢方専門医が、市販漢方薬、サプリメントや健康食品との付き合い方、考え方をアドバイスしています。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

漢方医学の歴史〜Kampo Kissho メッセージより〜

Kampo  Kisshoでは、「漢方医学を日本伝統医学である」と、お伝えしています。 ​明治維新までは、日本の医学の中心は漢方医学でした。(一部蘭方医学) 漢方医学の歴史は、奈良時代に仏教伝来と同じように、当時の最先端の医学を中国から輸入し学んだことから始まります。 その後、日本の気候、日本人の体質に合わせて、独自の発展・発達をしました。特に鎖国をした江戸時代には際立ちます。 現代中国で実践され

bottom of page