訪問診療クリニック〜漢方薬Q&A〜

更新日:6月17日

以前、

訪問診療クリニックで配布する<漢方薬についてのパンフレット>をお知らせしました

訪問診療と漢方薬


今回は、その内容<漢方薬Q&A>をご紹介します




Q.1 漢方薬は飲みにくくないですか?


A. 漢方エキス剤は粉薬が中心ですが、カプセルや錠剤タイプのものもあります

飲み方の工夫もご指導します。味が合わない場合は、その漢方薬との相性が合っていない場合もあります

しっかりと医師にそのことを伝えてください

(ムリに飲む必要はありません)



Q.2 以前、漢方薬を飲んだけど効果を感じなかったんだけど?


A. 漢方薬は多くの種類があります

また、一人一人との相性も重要です

以前のご経験は相性の問題があったかもしれません

また、漢方医学、漢方薬も万能ではありません



Q.3 漢方薬は怪しい感じがするんだけど?


A. 漢方薬は現代医学、現代科学的な根拠が乏しいという人もいます

しかし、長い歴史の中で、多くの患者さんや医師が使用し、受け継がれたものです

現代科学的な研究も積極的に行われていて、多くの医師が使用しています



Q.4 漢方薬はいいとは聞くけど、高いんでしょう?

A. 保険診療では、保険適応が認められている約150種類の中から処方します



Q.5 漢方薬は長く飲まないと効果がないのでしょう?


A. 漢方薬にはすぐに実感できるものもあります

(花粉症の鼻汁が軽減したり、風邪を治療する場合など) 対象になる症状が慢性症状の場合には、長期服用で効果が実感できる可能性があります



Q.6 漢方薬は副作用がないのでしょう?


A. 漢方薬は、サプリメントや健康食品ではありません

立派な「薬」です。不適切な使用によっては、副作用が生じます。医師の指導の下で使用してください



Q.7 漢方医学が日本伝統医学なら、中国の伝統医学は何ていうの?


A. 中国の伝統医学は中医学といいます

漢方医学は、その昔「漢(中国)」から伝わった医学という意味です

オランダから伝わった医学「蘭方医学」と区別しました

中医学(中国伝統医学)には、漢方医学や漢方薬と共通する部分と共通しない部分があります。








閲覧数:16回

最新記事

すべて表示